消防設備保守点検


消防設備保守点検の必要性とは

消防設備保守点検の必要性とは

消防用設備等・特殊消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実に作動するよう、日頃の維持管理が重要です。
このため、消防法では消防用設備等・特殊消防用設備等の点検・報告ばかりでなく整備を含め適正な維持管理を防火対象物の関係者に義務づけています。(法17条3の3)


※当社は(社)茨城県消防設備協会登録業者です。法令に基づく適正な点検を行った証として、協会認証の点検済票(ラベル)を消防用設備等の定められた位置に貼付します。